時間がかかる手続き

弁護士

住宅や車など高価な財産を残したまま債務整理をするのに個人再生は有効な手続きです。ただし、必要な書類も多く再生案立案も複雑な計算があり、手続きも高度ですので個人再生の手続きは費用がかかりませうが弁護士依頼がおすすめです。

詳しく見る

債務整理について

天秤

自己破産や個人再生を検討しているのでば、まずは債務整理の実績が豊富な弁護士に相談してみるのがよいといえます。債務整理に係る弁護士費用については分割払いの相談に応じてくれる法律事務所も多数ありますので、まずは一度問い合わせだけでもしてみることをお勧めします。

詳しく見る

かかる料金はいくらか

法律書

個人再生の手続きは、住宅ローン特例を利用するか利用しないのかで費用が異なります。自己破産であれば生活基盤となる住宅を処分しなければなりませんが、住宅ローン特例があることで、住宅ローン返済中の方も住宅を失わずに債務整理をすることができます。

詳しく見る

弁護士と司法書士を比較

ジャッジガベル

個人再生の費用比較をすると、自分自身で行った方が安価ですが手続きが複雑なので専門家の助けが必要になります。弁護士と司法書士、司法書士が安いのですが行えるのは書類作成業務までです。法定代理人となれる弁護士がおすすめです。

詳しく見る

高額な債務整理

電卓とお金

個人再生を弁護士に依頼した場合と司法書士に依頼した場合とでは費用が異なります。一番の違いは着手金で、弁護士の方が高いのですが、司法書士に依頼すると代理人になれないので再生委員が選任され報酬が発生します。その費用を考慮すると弁護士に依頼するのがおすすめです。

詳しく見る

借金問題を解決する方法

男性

法的手続きをする

金融会社などからお金を借りて返済が困難になったときに、取られる債務整理の手続きに個人再生があります。他にも任意整理や自己破産などがありますが、借金を大幅に減額できるのと自宅など資産を手放さなくてもいいのが個人再生のメリットです。現在借金に困っている方は、個人再生も視野に入れてこの先のことを考えてはいかがでしょうか。個人再生は、一般的に弁護士や異司法書士と委任契約を結んで手続きを進めていきます。費用は弁護士に頼むと約40万円から60万円ほど、司法書士に頼んだ場合は30万円から40万円ほどになります。この費用は分割で払える事務所がほとんどなので、依頼する費用が捻出できないといった方も心配の必要はありません。費用に差があるのは、弁護士は法定代理人として必要書類の提出や裁判官との面接を代理で行うことができるためです。弁護士に個人再生を依頼した場合は、依頼人は弁護士との話し合いの他には裁判所に出向くなどの必要ありません。対して司法書士に依頼した場合は、申し立て及び裁判官との面接は本人が行わなくてはいけません。個人再生を依頼するときは手間を省きたいなら弁護士、費用をおさえたいなら司法書士を選ぶといいでしょう。個人再生をした方の体験談では借金額を減らすことができ負担が軽くなり、返済が滞りなくできたというものが多いです。個人再生をすると借金額を5分の1まで減額でき、金額が500万円以上から1500万円未満なら最低弁済額は300万円になっています。借金額が3000万円以上5000万円以下の場合は、債務額の10分の胃が最低弁済額になります。

Copyright© 2018 個人再生の依頼費用などをチェック【手間を省きたいなら弁護士】 All Rights Reserved.